被相続人が遺言書を残してくれると、その後の相続について相続には非常に助かります。
遺言書があれば、遺言書の内容に基づいて分割協議を行えばよいので揉めてしまうような心配もなくスムーズな協議が行えるでしょう。
実際に遺言書を作るときには被相続人が独断で生前に作っていたというケースもありますが、相続人同士が相談しあいながら顔を揃えて遺言書を作ることができます。
このような方法というのは、遺言書の改ざんや変造などお防ぐ目的でもありますので、良い方法といえるのではないでしょうか。

被相続人が遺言書を作る際に相続人がその場に立ち会うというのは禁止されている事ではありませんから、このような状況の中で遺言書が作れるのはむしろ最高のことだと言えます。
ただし、遺言書を作る際に被相続人の生前から相続人同士がトラブルを起こしてしまうようでは困るので平等に分割を行うためとして、遺言書を作る目的を持っていなければなりません。

後で無理やり内容を変えさせたりしてはいけない

相続人全てがその場に揃い相続人が遺言書を作る場面に立ち会ったとしても、自分だけたくさんの遺産をもらいたいからと遺言書の内容を変えるように被相続人を脅かしたりするのは違法になってしまいます。
あくまでも遺言書というのは被相続人の意思が最も優先されるものですので、強引に内容を変えたりすることがないようにしましょう。

また相続人がその場に立ち会って遺言書を作るのであれば、遺言書そのものが完成した後封を閉じなければならないのですが、封を閉じる前の段階で写真を撮っておくというのはとても大切な証拠になります。
公正遺言書として公正役場に提出するのも良い方法といえるのですが、特に相続人がすべて立ち会っているのであれば写真を残しておくだけでも十分な証拠になるでしょう。
遺言書の内容もしっかりと確認した上でその場に立ち会うことができれば、万が一その後に応じる内容が改ざんされていることがあれば誰が改ざんしたのかをすぐに調べることができます。

遺言執行人にも立ち会うことができる。

個性遺言書ではなく被相続人が自筆によって遺言書作成する際には、上記のように相続人がその場に立ち会うことが可能ですが、その他にも遺言執行人がその場に立ち会うというのも良い方法になります。
もちろんこれも禁止されているわけではありませんから、将来的に遺言執行人になってほしい人に声をかけてその場に立ち会ってもらうと良いでしょう。

そうすれば更にこの遺言書を有効にしていく上で安心感が持てます。
ただし、遺言書というのはあくまでも被相続人が内容をしっかりと記した上で署名や捺印をしなければなりませんから、内容だけを他の相続人が書いてしまったという場合には後になって他の相続人が無理やりアイツがかかせたなどと言い出すケースもあるので避けた方が良いと言えます。

必ず被相続人となるご本人が自分の手で自ら筆をとり、書いた内容での遺言書を残すようにしましょう。
また将来的なことを考えると遺言書が残っているのはとても心強いですが、相続人が自分たちのことばかりを考えて、遺言書を作成したくないと言っているご本人に対して無理に遺言書を作らせてしまうようなことも避けた方が良いです。

あくまでも上でも説明した通り遺言書というのは被相続人の意思そのものとなりますので、無理に書かせてしまうのではなく被相続人となるご本人も同意の上で作るようにしましょう。
相続人も被相続人となるご本人も将来的なトラブルを防ぎたいと思う気持ちからこのような形で円満に遺言書を作るのはとても素晴らしいことだと言えます。