遺産を隠し持っていた人物がいる時はどう調べればいい?

どんなに仲良く信頼関係で結ばれていると思っている親族であっても、遺産相続問題が発生するとこれまで見たことがない一面を見せたりするといわれています。
実際に相続人の誰か1人が被相続人の財産を隠し持っていたなどと言う事も少なくありません。
このように相続人の誰かの遺産を隠し持っていたということが発覚した場合には、どのように調べれば良いのかを考えてみるとまずは被相続人の銀行のお金の動きなどから調べていくと良いでしょう。

そもそもなぜ遺産を隠し持っている人物がいるということが分かったのかについては被相続人の遺言書などが見つかり、ここに書いてある通りの財産が見つからなかったというケースで、誰かが隠し持っているのではないかといった疑問が上がることがほとんどです。
もちろん相続人の1人ひとりに遺産を隠し持っているのではないかと聞いたところで隠している本人が隠していますとは言いませんから、どこで、誰が隠したのかをしっかりと突き止めていかなくてはなりません。
前述のとおり銀行口座での動きをはじめとして、どうしてもわからないようであれば相続人それぞれの口座の動きなどを明白にするためにも銀行の通常などを持ち寄って隠し持っていないことを確認する必要があります。

相続人がこのような動きをする中で実際に財産を隠し持っている本人は、このような他の相続人の動きに反対したり何かしら怪しい言動をしたりすることがほとんどですので、深く追求していくようにしましょう。

細かな調査は、弁護士にお願いしても良い

誰かが遺産を隠し持っていると思われるケースでは相続人が協力し合いながら調査してみるのも良いですが、やはり親族ですので、うまく隠されてしまうようなケースもあります。
その時には弁護士さんを頼り、どうすれば良いのかと相談した上で様々な調査方法についてをアドバイスしてもらいましょう。
また被相続人がなくなってしまうと、被相続人の口座そのものを扱うことが1時的にできなくなってしまうため、お金の動きなども把握するのが難しくなりますが、こうした理由から口座よ流れそのものだけでも知りたいということを弁護士さんから銀行側に話してもらうことで最低限、口座の動きなどは出してもらうことができます。
一言で相続人といってもそんなにたくさんいるものではありませんので、例えば、自分たちがあやしくないと言う相続人は自分たちの口座の情報を明らかにするには抵抗を持たず自分の身の潔白を晴らそうとするでしょう。

しかし、このような動きに対して面倒そうにしていたり非協力的な人間がいれば、実際に隠した張本人かもしれませんので詳しく調べなくてはなりません。
ただし、どんなに調べても突き止めることができなければ、その後の協議については難しくなってしまいます。
どうしても見つけられない時にはそのままの状態で遺産協議を続けていくことになりますが、万が一にでも隠していた本人が分かった場合には隠していたという事実をもとに相続の欠格を行うことができます。
他の相続人が協力してこのような悪事を働いた相続人は相続の欠格を行うと良いでしょう。

そうすれば、隠し持っていた財産を出してもらった上で、他の相続人同士が平等に相続協議を行うことができます。
自分の事だけを考え、被相続人の遺産を隠してしまうなどというのは非常に悪質なことですから、こういったケースでは相続の欠格も容易に認められるでしょう。